二ノ国 白き聖灰の女王 プレイ感想

365日×24時間×60分×60秒=31536000秒の中で起きたことをただ書き残す日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二ノ国_002

 レベル5の最新作、
 二ノ国 白き聖灰の女王をプレイしました。






二ノ国_001


11月17日に発売された、レベルファイブのPS3新作RPGの「二ノ国 白き聖灰の女王」を
さっそくプレイしたので現時点でのレビューを書きます。

このゲームはDSで発売された「二ノ国 漆黒の魔導士」のほぼリメイク作品となるそうです。
DS版はプレイしておりませんのでそこら辺の差はわかりませんが。

私はまだ10時間もプレイしてない段階ですが、現時点ではかなり楽しめております。
子供向けを意識してる点は否めないのでゲーマーむけではないかもしれませんが。
このゲームの特色を項目にわけて紹介していきたいです。

・アニメーション
このゲームのアニメーションパートはなんとあのスタジオジブリが製作しております。
おかげでアニメパートはジブリっぽさがガンガンに発揮されており、見入ります。
さすがに宮崎駿さんの名前はありませんでしたが、鈴木敏夫さんの名前は出ておりました。
ゲーム中もアニメーションを意識した作りとなっているため、アニメパート以外も見ごたえがあります。

・音楽
ジブリ作品に欠かせないのが久石譲さんの音楽ですが、
なんとこのゲームの音楽は久石譲さんが担当されております。
そのおかげでゲーム中の音楽が言うまでもなく素晴らしいです。

・ストーリー
シナリオはガンダムAGEであまり評価されていないレベル5の日野社長が担当しております。
私自信、ガンダムAGEは正直そんなに評価できませんが二ノ国に関しては良いと思います。
王道RPGであるのと若干子供向けであるという点であえてわかりやすい話にしているのかと思います。

話の流れは本当にシンプルで少年の主人公が行く先々でその場を救ってゆき、いろんな人と出会い、
友情も生まれ、家族愛なども描かれており、少年自身が成長していく。
このシンプルさのRPGが逆に最近ではない作風であるため私は良いなと思いました。

・世界
ニノ国というのはパラレルワールドであり主人公が本来いた世界が一ノ国になります。
一ノ国は現代世界とほぼ似たような世界であり、ニノ国はファンタジーな世界になってます。

全ての人間はどちらの世界にも存在し、名前や姿は違えど魂を共有しています。
ニノ国で困ってる人で助けれない人も、一ノ国でも実は困難に巻き込まれいて、
そっちの世界を一度助けに行くといった話があります。

このような設定は決して目新しい物ではないです。
しかし、ファンタジーRPGだけでは描けない、現代物に近いストーリーを一ノ国で描けるのがうまいと思いました。
一ノ国で起きているトラブルは現代世界のトラブルに近い形での家族間のトラブルだったりします。
この辺の話も暖かいストーリーなので悪くないですね。

・心のかけら
このゲームのシステムの一つとして、
心のかけらを失った人間を他の人間から譲ってもらった心のかけらで救うというものがあります。
町の人は敵の親玉のせいで一部の心がかけてる人がおり、時には助けないと進行の妨げになります。
欠けてる心はやる気だったり、勇気だったり、優しさだったりします。
その人を助けるにはやる気に満ち溢れてる人や、勇敢な人を探し出し、心のかけらをゆずってもらう必要があります。

・イマージェンシー
主人公は己の身で戦うことも出来ますが、自身の代わりにイマージェンシーを戦わせることが出来ます。
これだけ聞くとペルソナやスタンドみたいに思えますが。笑
おそらくゲームが進むと敵モンスターをイマージェンシーとして扱えるようになるのだと思います。
HPとMPは主人公の物を共有しますが、主人公より攻撃力があったり、属性があったり、特技があったりします。
またイマージェンシーはおやつを与えることで育成することも可能です。

・戦闘
戦闘は一人だけを操作します。また各キャラは自分自身とイマージェンシー3体を交代させながら戦います。
イマージェンシーはCT(召喚時間)が決まっているため、
CTが減ったら一度他のイマージェンシーが自分自身に交代する必要があります。

主人公は攻撃力がない代わりに様々な魔法が使えます。
仲間の女の子は魔法ではなく歌が使えます。
イマージェンシーは攻撃力が強く、また強力な特技を扱えます。
イマージェンシーの中には防御が出来ない代わりに溜めるが使えたりする奴もいます。
イマージェンシーと敵には4つの属性があり、その相性で戦いが有利になったりもします。

戦闘はリアルタイムでキャラを動かせるようになっておりますが、基本はコマンド選択です。
キャラを動かして攻撃を避けることも可能です。
敵の攻撃に合わせてたたかうコマンドを実行することでカウンターもできます。
また敵の強力な攻撃が来る時に防御コマンドを実行することで逆にチャンスを作ることが出来ます。

最初はシンプルのように思えたのですが、意外と操作が激しく面白みのある戦闘となってます。

・魔法
魔法は戦闘や回復以外にイベントで使用できます。
傷ついた人がいれば回復魔法、鍵を開けるには専用魔法、火をつけるために攻撃魔法といった感じで
魔法を使うことで謎解きが成される場面があったりします。
些細なことですがダンジョンなどの面白みが増すので良いと思います。

・クエスト
特に特別なことはないですが、クエスト、依頼といったサブイベントも用意されております。
クエストを達成すると報酬がもらえるだけでなく、スタンプカードももらえます。
このスタンプを溜めることで更なる特典がもらえたりします。

・声優
声優は豪華キャストになってます。
特に主人公の多部 未華子さんは全く違和感を感じさせない演技をしております。
豪華キャストがどんなキャラクターを演じてるかも楽しみの一つになるかと思います。

・広大なフィールド
これぞRPG!といったフィールド画面があります。オープンワールドのような広さではないですが。
後にその広大なフィールドを空飛ぶ竜でめぐることもできるようです。
こういったフィールド画面は最近では珍しく、懐かしい感じがしてとても良いと思います。

ずいぶんと書いてしまいましたが、全体的に面白いと思わせてくれるゲームです。
2chなどでも言われておりますが、ドラクエを開発してきた会社だけに
ドラクエよりドラクエっぽさがあるのが良いです。

王道なRPGがやりたい方にはオススメです。



作品名:二ノ国 白き聖灰の女王
メーカー:レベルファイブ
発売日:2011年11月17日
定価:8800円
公式サイト:http://www.ninokuni.jp/

販売サイト
二ノ国 白き聖灰の女王 (初回封入特典:イマージェンプロダクトコード同梱)(amazon)
PS3ソフト(Playstation3) / 二ノ国 白き聖灰の女王(HMV Yahoo!ショッピング)



タグ : PS3 ゲーム RPG 音楽 アニメ DS

この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/01/28(土) 01:28 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://blankeyandbump.blog54.fc2.com/tb.php/206-dbaafa77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 三一五三六000日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。