GANTZ 映画レビュー

365日×24時間×60分×60秒=31536000秒の中で起きたことをただ書き残す日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GANTZ_003.jpg



 今年に見た映画のひとつ、
 「GANTZ」の感想を述べます。






ヤングジャンプ掲載中の大人気漫画のGANTZ。
その実写映画の第一部が今年の1月29日に公開されました。

漫画の主人公と実写版の主人公の差異は下のようになります。

GANTZ_002.jpg

この主人公二人が実写になると

GANTZ_001.jpg

マツケンと二宮君に。
演技力もある上にイメージを崩すことのない見事な人選ではないでしょうか。

私は漫画が好きな上でこの映画を見ましたが、
この二人以外のキャスティングに関しても非常に良かったと思えます。

設定は漫画と少し違い、二宮君演じる玄野は大学生でした。
そのほか、多少映画の進行は漫画と異なる部分がありますが大筋は漫画と一緒です。
第一部は漫画で言うところの大仏編辺りまで進みます。

第二部で終わりを迎えるのですが、まだ漫画が終わっていないのと
第一部の時点で出ている巻数の3分の1ほどしかストーリーが進んでないことから、
第二部からは漫画とは異なった展開をするのではないかと予測されます。

そんな第二部の上映は4月23日に控えております。

感想としては、
漫画を読んでない人が見たならば結構楽しめるのでは?と私は思います。
世界観、設定などは原作どおりなかなかに面白いものであるため、
その世界観に初めて触れることとなればそれなりに面白い映画になると思えます。

漫画を読んだ人にとってはどうかというと若干物足りなさは残るかもしれません。
ただ現実世界に近いSF漫画であるため、これが実写化されて現実の世界でどう
この世界観が表現されるのかという部分に私は興味があったために楽しめました。
良くも悪くも原作に忠実なので、つまらないということはありませんでした。

ただし2部の方向性が見えないのと、漫画で言えば大仏編の後は盛り上がりある話が
控えてるので非常に続編が楽しみです。

GANTZを読んだことない人はとりあえず映画を見て、それから漫画を購入してみることをオススメします。






GANTZ_006.jpg

GANTZ_007.jpg




タグ : 映画 漫画

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://blankeyandbump.blog54.fc2.com/tb.php/167-6da8b6ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 三一五三六000日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。