アジカン VIBRATION OF THE MUSIC in ZeppTokyo 2011年1月29日

365日×24時間×60分×60秒=31536000秒の中で起きたことをただ書き残す日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジカンライブ_001



 ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2010 -2011
 「VIBRATION OF THE MUSIC」
 1月29日の公演に参加してきました。






去年は全く行かなかったアジカンライブ。
今年は1月から行くことができました!!!

ツアー名は
ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2010 -2011「VIBRATION OF THE MUSIC」

このツアー前に発売されたアルバムのマジックディスクを主体としたライブと
なっており去年の9月から今年の3月まで全国巡っております。

マジックディスク自体は私の中では今までのアルバムには劣っていると感じてます。
それだけにちょっと不安もありましたが久々のアジカン、久々のゴッチ!!
というのもあって前日にはめちゃめちゃ楽しみとなりました。

いざライブ会場につくともうたくさんのファンが。
いいですよねーあの雰囲気。しかもアジカンのファンってほんと
アジカンのファンって感じがします。笑
うまくいえないですがファンの人同士ならたぶん言ってる事わかります。

チケットの番号時代は400番台でしたが、Zeppの一番前の列には入れたので
ゴッチがめちゃめちゃ近かったです!!これがたまらない。

では以下セットリストを乗せます。
まだツアーに参加する方で見たくない方はこれ以上は見ないでください。



↓1月29日 ZeppTokyo セットリスト↓















1.新世紀のラブソング
2.マジックディスク
3.迷子犬と雨のビート
4.ブルートレイン
5.無限グライダー
6.架空生物のブルース
7.月光
8.ライジングサン
9.双子葉
10.オールライトパート2
11.ラストダンスは悲しみに乗せて
12.マイクロホン
13.イエス
14.リライト
15.君という花
16.さよならロストジェネレイション
17.転がる岩、君に朝が降る
~en1~
18.惑星
19.ソラニン
20.タイトロープ
~en2~
21.アンダースタンド

今回のツアーはかなりセットリストが変わるみたいですね。
私的には今回のセットリストはちょっと微妙でした。笑
ちょっとですけどね!!マジックディスクの曲が見事に多い形に。

ただしライブが始まる際の新世紀のラブソングの前奏はたまりません。
この曲にここまでテンション上げる力があったのか!という発見。
そして目の前にいるゴッチがサビの時にめっちゃノリノリでした。
もーこれがなんともいえない格好良さ。歌ってる時にこんな余裕出せる人だったんだ!

今までみたらライブの中で、一番ゴッチが乗っているというか、
このライブに浸っているという感じがしました。

そこからマジックディスクに繋がるのはもうたまらない。
マジックディスクという曲自体はめちゃくちゃ好きです。これもう鉄板曲ですよね。

そして迷子犬と雨のビート。
賛否両論ありそうな曲ですが私は好きです。
アルバム自体がそうかもですが、特にこの曲は前向きな感じがしますよね。
ライブで聴いても何も劣らず良い感じのリズムです。

そして最高の前奏が流れる。一発でブルートレインってわかりました。
ゴッチのパフォーマンスもたまりません。
いやーブルートレインってほんといいリズムです。
これ健さん作曲ですよね。健さんもやっぱ只者じゃないです。

そんでもって友達と冗談でやれないかな?って言ってた曲の
無限グライダーやりました。いやーこれまた曲の入り方がたまらない曲ですよね。
これ聴けただけでもこのライブ、最高でした。笑

架空生物のブルースが終わり、キーボードの大ちゃんが月光を弾き始める。
いやー月光が聞けるとは想いませんでした。
ファンクラブほんと好きなアルバムなんですが、
月光はいいですねー!!切ない歌詞にあの叫びが最高です。

途中に1曲だけ新曲を披露してくれました。
おそらくオールライトパート2という曲名です。
これも健さんの作曲とか。ノリの良い曲だったので新曲でものれました。
おそらくNANO-MUGENの曲なのかと思います。

終盤には鉄板曲であるリライト→君という花をやってくれました。
いやー何百回聴いても、何百回見てもたまりませんね。
もうさっきからたまりませんしか言ってないですが。

最後の曲は転がる岩でした。この曲も大好きですね。
新しい世界で大声で叫べばロックンロールなんだろ?って歌詞に通じる物を
この曲から感じるので本当に大好きですね。
この曲は絶対に静かに聞き入ると決めています。

ここでライブが終わり、アンコールで再び彼らが入場します。
ここでゴッチが沖縄での一人旅を長々と語りだします。笑
いつもカッコいいこと言ってくれるんですが、今日のゴッチは面白いことしか言いませんでした。笑

バンドって大変なのね・・・ってのも痛感。
でも仲悪いんじゃなくて、ただ単にプライベートでは会わないレベルだろうなと感じました。
そりゃ年中一緒にいたら話題もなくなりますよね。

とここで惑星。
これもライブ行ったらぜひとも聴きたい曲の一つなので嬉しかったです。
ワールドワールドワールドは自分の中じゃ1番のアルバムです。
次にファンクラブといったところなので月光とか惑星聞けるのは嬉しいですね。

そして有名曲のソラニンへ。これはもう作品への思い入れもあるので聞き入ってしまいます。

そしてそしてなんとここでタイトロープ!
ファンクラブ好きにはたまらない終焉。
いやーこれ本当にたまらないです。しかもゴッチが酔いしれた感じで歌ってるんですよね。
それでいて最後の そうだね・・・ ですからね。もうカッコいい。めちゃくちゃカッコいい。

これで終わりかと思いきや、セットを片付ける雰囲気なし。
まさかの再びアンコールです!
ここでアンダースタンド1曲だけやってくれました。
アンダースタンドもライブじゃ鉄板曲だけにこれぞアジカン!って感じがしました。

全体的にみてやはりマジックディスクの曲が多いのが、個人的にはちょっと残念です。
悪いわけではないんですが、ライブでもいまいちノリ方がわかりづらい印象です。
最新アルバムですし支援したいところなんですが、
夜のコールが大好きな曲だっただけに、マジックディスクは期待とは違う方向でした。
しかし最高のライブに変わりはありませんでした。また行きたい!!








アジカンライブ_005 アジカンライブ_001

アジカンライブ_002 アジカンライブ_003

アジカンライブ_004




タグ : 音楽 アジカン ライブ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://blankeyandbump.blog54.fc2.com/tb.php/160-606f5c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 三一五三六000日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。