映画 インセプション

365日×24時間×60分×60秒=31536000秒の中で起きたことをただ書き残す日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インセプション_001


 映画、インセプションを観て来ました。
 ネタばれなしで感想を書きます。





インセプション_001

インセプション_002

インセプション_003

現在上映中の映画、インセプションを観て来ました。
あのバットマンのリメイク作品であるダークナイトの監督、
クリストファー・ノーランが監督、脚本を努めた作品です。

主演はレオナルド・ディカプリオで共演にはなんと日本人俳優の渡辺謙さんがいます。
バットマンビギンズでもクリストファーは渡辺謙さんを起用していたので、
そのころからお気に入りで今回の作品でも起用したのかもしれませんね。

渡辺謙さんはバットマンビギンズとは違い、かなり主要な役の一人でした。
日本人が混ざっている設定は若干強引な部分もありましたが。

率直な作品の感想としては、とても面白かったです。
アイデアが素晴らしいですね。このアイデアが浮かんだ事がすごいと思います。

コブ(レオナルド・ディカプリオ)達は標的の夢の中に入り込んで、
心の中にある重要な情報を盗み出すという仕事をしています。

この夢の中に入るという設定自体はありがちですが、
クリストファーなりに細かい部分まで夢の世界やルールを考え込んでいる部分が
とても面白い作品になった理由だと思います。

夢の中に入るといってもチームプレイが必要で、
標的が警戒していればそれは警備兵という形で夢の中で襲ってきます。
仲間にはチームには夢の世界の設計士、鎮静剤の調合士、
夢の世界ならではの変装を行う者、相手の情報、心情を分析する人などがいます。

夢の中にも階層があって、現実の10分は夢では1時間、上の階層で10分が下の階層では1時間・・・
などといった設定部分も非常に面白いですね。
個人的には無重力になっているシーンがとても面白く感じました。

夢=なんでも可能という概念からこの作品を受け入れられない人もいるかと思います。
なんでも可能な世界でクリストファー的に考えられたルールも完璧ではないため、
ここはなんであーだったの?という疑問も残ります。

それでも設定やアイデアがとても面白くストーリー性もあったので私は評価しました。
何より見ていて飽きないですし、面白かったです。
最初の10分ぐらいは全くもって話が理解できないのでそこは頑張って乗り越えて欲しいです。笑
ディカプリオと謙さんの演技も良かったです。
ダークナイト、バットマンビギンズも大好きでしたし、メメントも見てみたいと思います。





インセプション公式サイトへ





タグ : 映画 渡辺謙 ディカプリオ クリストファーノーラン

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://blankeyandbump.blog54.fc2.com/tb.php/137-acd8eb2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
渡辺謙の堂々たる存在感。 人によっては、更に深く深くストーリーを検証し、違う解釈を導き出される方もおられるだろう。 あまり考え過ぎると、作品さながら夢の中でも考え込んでしまうのでご注意を。 観客の頭脳にも挑戦的で、壮大なスケールで描くお薦め脳内アクション
2010/07/30(金) | 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ

 | Copyright © 三一五三六000日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。