【ネタばれ】FF13 10章プレイ中

365日×24時間×60分×60秒=31536000秒の中で起きたことをただ書き残す日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FF13_013.jpg


 FF13の10章プレイ中です。
 ネタばれ含む感想を述べます。






まずネタばれなしのところで最近FF13をプレイしてて思ったことがあります。

今やFF13の悪評の原因の一つとも言われている一本道なゲーム性です。
正直な話、私は今回のこの一本道な感じに救われている気がします。

今回のストーリーから言って、FF13が狙っている客層は小、中学生ではない気がします。
そして昔FFをやっていた20代、30代が結構ターゲットになっているのではと私は考えました。

ゲームに割ける時間が制限されている人には、この一本道なゲーム性が余計な時間を
省いてくれているので、サクサクとストーリーを楽しめれるわけです。
もちろんストーリーを見せたいが故の一本道でもあるかとは思いますが。
そうゆう面で見ればこの一本道なげーム性は決して悪ではないと思います。

FF13_016.jpg

ただ悪評の原因はスクエニ自身が作ってるとも言えます。
元々大っぴらにこのようなゲーム性を伝えていれば、悪評なんて生まれないわけです。
スクエニの言い分としては後半にRPG要素も詰まってるよ!ということかもですが、
それは作り手として望むプレイスタイルをユーザに強要しているので、
ユーザが望む形と一致せずに文句言われても仕方がないです。

もちろんゲーム雑誌とかでは言っているのかもしれませんが少なくとも
私はそのような情報を購入まで聞くことはありませんでした。

でもスクエニとしてはFFという看板を利用してゲームを売りたい訳ですから、
売れ行きを下げるようなことは言わないのも当然なのかもしれません。
そう考えると売れればオールOKというスタンスとも感じ取れるのであまりいい気はしません。


では今回の本題ですが、私はFF13をストーリー面を主に楽しんでいるので、
10章に入ったところで、どのようなストーリーになるか予測したいな。という自己満な日記を書きます。
なので以下はネタばれになります。

10章までやってない方、私の推測なんて興味ない方、自己満なんぞに興味ない方は
これより下を読むのはお控えください。



スタジオベントスタッフ編 / ファイナルファンタジーXIII シナリオアルティマニア Se-mook
スタジオベントスタッフ編 / ファイナルファンタジーXIII シナリオアルティマニア Se-mook


スタジオベントスタッフ編 / ファイナルファンタジーXIII バトルアルティマニア Se-mook
スタジオベントスタッフ編 / ファイナルファンタジーXIII バトルアルティマニア Se-mook


スクウェア・エニックス編 / ファイナルファンタジーXIII ワールドプレビュー Se-mook
スクウェア・エニックス編 / ファイナルファンタジーXIII ワールドプレビュー Se-mook




鳥山求 / 小説 ファイナルファンタジーXIII エピソード0 -約束-
鳥山求 / 小説 ファイナルファンタジーXIII エピソード0 -約束-


ファイナルファンタジー XIII [PS3] 《予約》 12月21日以降随時出荷
ファイナルファンタジー XIII [PS3] 《予約》 12月21日以降随時出荷


ファイナルファンタジーXIII LIGHTNING EDITION
ファイナルファンタジーXIII LIGHTNING EDITION








↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓以下ネタばれ含みます↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓以下ネタばれ含みます↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓以下ネタばれ含みます↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓以下ネタばれ含みます↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






では私が10章までゲームを進めて、それ以上の知識を持ってない上で考えた
これからのFF13のストーリー展開です。
ほんと自己満な記事です。とりあえずクリアする前にどっかに考えを残したかったのです。

もうクリアした方も大勢居ると思うのでこいつ何言ってるんだ状態かもしれませんが。
自分の考えてることには矛盾がいっぱいあるので自信はないです。

何度も言いますがここからは10章までのストーリーのネタばれがあります。



9章になって仲間が全員集合し、聖府の親玉がファルシだったことを知る。
下界のファルシのルシである主人公達の敵であるはずの聖府のファルシが、
なぜか主人公達を助力をしてきました。
それはコクーン破壊を望むかのようにも見えます。と主人公達も言ってます。

下界とコクーンは数百年前に戦争をしていて、聖府はその真相を隠しています。
今は下界がコクーンを破壊しに来るのを恐れているため、下界のルシも殲滅させようとしています。

逆にファング達が言うにはコクーンから下界に敵が攻めてくるのを恐れているという発言もありました。
聖府のファルシ=コクーンとも言える状況でなぜか親玉がコクーン破壊を望むような行動をしている。

今までは下界は危険、脅威で下界から逃れるように存在するコクーンだと思っていました。
でも本当の脅威は聖府のファルシなのではないかと考えてます。
聖府側は自らコクーンという殻を壊して下界へ行くことができず、
下界のルシを利用してコクーンの外へ行きたいと考えてるのかと。

下界側が本来の世界であり、下界の平和のためにコクーンへ脅威のファルシを閉じ込めた。
聖府のファルシは人間が怖いとすら思っており、コクーン内で人間を飼いならしてるのかもしれません。
平和なところで飼いならした人間はまず脅威にはならないでしょうし、
情報操作でいくらでも人間の意識を操れているわけです。

セラの言うコクーンを守ってという所の「コクーン」は星全体を指しているのかもしれません。
もしくはコクーンの人々を守るのは人々を下界に放つことなのかもしれません。

一般市民が下界に近づくことを恐れるのは真実が漏れるのが怖いのでは。
パージといいつつ下界に人を下ろさずに全滅させるのも納得行く気はします。

といっても自分の考えでは説明つかないところも多々あります。
10章始まりの部分ではまだいかようにもストーリー展開を作れる気もしますし。
とりあえず自分なりにこんな展開考えてみました。
早くクリアしてスッキリしたいですね。



タグ : ゲーム スクウェア RPG ファイナルファンタジー FF13 FF PS3

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://blankeyandbump.blog54.fc2.com/tb.php/13-4046b997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 三一五三六000日記 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。